気になる人気記事
7日間
30日間
殿堂入り
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
触るだけで大惨事!少女の手に痛々しい被害をもたらした恐怖の植物の正体とは!?
触るだけで大惨事!少女の手に痛々しい被害をもたらした恐怖の植物の正体とは!?
アメリカで発表された『癌(がん)リスクを高める食品』が身近すぎてコワイ・・・
アメリカで発表された『癌(がん)リスクを高める食品』が身近すぎてコワイ・・・
素朴な疑問。iphoneのカメラの横の穴って何のためにあるの?
素朴な疑問。iphoneのカメラの横の穴って何のためにあるの?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
おなかの子を守るため人間に助けを求めたノラ猫。彼女に待ち受けていた試練とは・・?
おなかの子を守るため人間に助けを求めたノラ猫。彼女に待ち受けていた試練とは・・?
捨て犬だった8ヶ月の子犬のラナ。幸せを手に入れた彼女が震える野良犬にしてあげたこととは・・・?
捨て犬だった8ヶ月の子犬のラナ。幸せを手に入れた彼女が震える野良犬にしてあげたこととは・・・?
自分が捨てられたことを理解した犬。彼の身に起きた、運命を変える不思議な出来事とは・・?
自分が捨てられたことを理解した犬。彼の身に起きた、運命を変える不思議な出来事とは・・?
猫がゴハンよりもマタタビよりも何よりも愛して止まないものが判明!猫が大好きなものとは・・・?
猫がゴハンよりもマタタビよりも何よりも愛して止まないものが判明!猫が大好きなものとは・・・?
これは想定外w!ドジな動物達のキュートな失敗場面♪
これは想定外w!ドジな動物達のキュートな失敗場面♪
詐欺レベル!?Photoshopってこえぇ・・・有名人のBfore&After!
詐欺レベル!?Photoshopってこえぇ・・・有名人のBfore&After!
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
素朴な疑問。iphoneのカメラの横の穴って何のためにあるの?
素朴な疑問。iphoneのカメラの横の穴って何のためにあるの?
発がん性物質!?食中毒の危険!?再加熱するのは危険な食品がこんなにあった!
温めなおしが簡単にできる電子レンジ、それはとても便利なものです
毎日食事を作るのって大変ですよね。
手間も時間もかかります。
そんな手間も時間も省いてくれて、食事を簡単に作るのに役立ってくれるのが電子レンジですよね。

毎日料理を作る人は何かと多く作りすぎたりしてしまって、一度で食べ切れなく余ってしまうことも、よくあることだと思います。
余った食事を捨ててしまうのはもったいないし、翌日などに温めなおして食べることもよくあることですよね。

もはや、電子レンジは日常になくてはならないものの一つになっています。
電子レンジは、残り物の食事をたったの数十秒もしくは数分で温めなおすことができます。

しかし、食品の中のいくつかは再加熱することによって、毒性を持つものがあるのを知っていますか?

電子レンジなどで再加熱をすることをオススメしない食品をいくつかご紹介したいと思います。

野菜類
セロリ・ほうれん草など
desktop-1484530565
出典:www.flickr.com

セロリは細かく刻んで、スープやミートソースなどに入れると美味しくなりますよね。

そんなセロリですが、セロリの中には硝酸塩というものが含まれています。
これは、植物がタンパク質を合成するために必要な物質のひとつで、土壌中にも天然に存在する物質で、肥料としても使用される窒素化合物となります。
セロリのほかにもほうれん草や春菊など、主に葉を食べる野菜に多く含まれています。

硝酸塩は、そのままの状態では毒性はないのですが、再加熱することで発がん性を持つニトロソアミンという物質へ変わってしまうのです。

ニトロソアミンは、体内で行われている細胞の複製を阻害するのだそうです。
これは、胃がんの有名な危険因子とされています。

※ニトロソアミンは、硝酸塩が胃の中で変化して普通に生成される場合もあります。
「亜硝酸塩」は、体内で「アミン(肉や魚類に含まれる)」と反応してもニトロソアミンに変化します。
硝酸塩を多く含む野菜を食べることの健康リスクと、野菜を食べる有用性を比較すると野菜を食べる有用性のほうが勝っているので、明らかな健康リスクとはなりそうにないとされていますが、食事の大部分が野菜であったり、硝酸塩を含む野菜を生で大量に食べる個人などは注意が必要なこともあるようです。

ビーツ(テーブルビート)
220px-Beets_produce-1
出典:ja.wikipedia.org

あまりなじみのない野菜かもしれませんが、最近はちらほらCafeやレストランでも目にすることが多くなってきました。

ビーツ(テーブルビート)はその栄養素の高さから「奇跡の野菜」などとも言われていますが、こちらも硝酸塩を多く含む野菜なので、再加熱はオススメしない野菜の一つです。
ビーツの効能を最大限に生かすためにも、ビーツは生でサラダで食べたり酢漬けにしたりスムージーにしたりして食べるほうがオススメですよ♪

卵・玉子


続きは次のページ・・・!
ページ: 1 2 3 4 5 6
\この記事をシェアする/
関連記事

一生に一度は食べてみたい!豪華すぎる世界の超高級料理の「値段」がやばい!

ポップでカラフルでかわいすぎる!!着色料も使わず超簡単に作れちゃう「マーメイドトースト」を作ろう♡

もうお墓はいらない!?遺骨から新しいものを生み出す「埋葬方法」がすごい!

無意識にこんな事していませんか?パートナーに求めてはいけない4つのこと

何度脱獄すれば気が済むの?幾度にも渡り脱走を繰り返した犯罪者たち。

みんなのコメント

スポンサードリンク
最近の人気記事
月間人気記事
スポンサードリンク