気になる人気記事
7日間
30日間
殿堂入り
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
素朴な疑問。iphoneのカメラの横の穴って何のためにあるの?
素朴な疑問。iphoneのカメラの横の穴って何のためにあるの?
おなかの子を守るため人間に助けを求めたノラ猫。彼女に待ち受けていた試練とは・・?
おなかの子を守るため人間に助けを求めたノラ猫。彼女に待ち受けていた試練とは・・?
アメリカで発表された『癌(がん)リスクを高める食品』が身近すぎてコワイ・・・
アメリカで発表された『癌(がん)リスクを高める食品』が身近すぎてコワイ・・・
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
おなかの子を守るため人間に助けを求めたノラ猫。彼女に待ち受けていた試練とは・・?
おなかの子を守るため人間に助けを求めたノラ猫。彼女に待ち受けていた試練とは・・?
首にチェーンが巻かれ、頭が狂気のように腫れあがった状態で保護された子犬。彼女の行く末は・・?
首にチェーンが巻かれ、頭が狂気のように腫れあがった状態で保護された子犬。彼女の行く末は・・?
ちょっと衝撃的…!?お野菜・果物、放っておいたらこんな風に発芽しちゃった(笑)
ちょっと衝撃的…!?お野菜・果物、放っておいたらこんな風に発芽しちゃった(笑)
猫がゴハンよりもマタタビよりも何よりも愛して止まないものが判明!猫が大好きなものとは・・・?
猫がゴハンよりもマタタビよりも何よりも愛して止まないものが判明!猫が大好きなものとは・・・?
これは想定外w!ドジな動物達のキュートな失敗場面♪
これは想定外w!ドジな動物達のキュートな失敗場面♪
詐欺レベル!?Photoshopってこえぇ・・・有名人のBfore&After!
詐欺レベル!?Photoshopってこえぇ・・・有名人のBfore&After!
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
頭に穴が!?過酷な状態で保護された子犬のボンドック。なぜこんなことに・・?
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
新生児に絶対にしちゃいけないことがある!知ってほしい!生後6日で彼女の命を奪ったその行為を。
賑わっていた頃の面影はもうない。廃墟になってしまった世界のテーマパーク。
放棄されたテーマパーク
一時は人で溢れかえったテーマパーク。

現在ではまるで廃墟のような姿になっているケースは少なくありません。

当時の面影が垣間見えるような、独特の建造物の数々など、

閉鎖した後の対応なども千差万別です。

世界中で賑わった元テーマパークの姿を御覧ください。

オズの木


オズの木はノースカロライナ州ビーチマウンテンにあります。

1970年代に建設されたこのテーマパークは、

開業してから10年も経たずに放棄されました。

創業者である起業家ロビンは、

リゾートタウンに家族やお金を集めるためのテーマパークを夢見ていました。

全盛期には、テーマパークは1日に最大2万人の訪問者を集めましたが、

ロビンはそれを見ることは決してありませんでした。

1970年に開園する6ヶ月前に骨がんのよって50歳で死亡しました

訪問者の数は減少し始め、最終的に、開店日の10年後、オズの国はその門を閉めました。

しかし、すべての希望は失われてはいませんでした。

1990年代、プロジェクトエメラルド・マウンテンは、ゆっくりと、

親切なボランティアのグループによって始まりました。

公園を通るガイドツアー、のピクニック、毎年2日間のフェスティバルを開催しています。

オーストラリアにかつて人々を賑わせた、

パークがありました。

続きは次のページ ↓
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8
\この記事をシェアする/
関連記事

【奇妙】世界には信じがたい食品に関する迷信がいくつも存在していた・・その迷信とは?

子どもの頃のピュアな心はいずこへ・・大人に『ぬりえ』をさせると酷いことになった(笑)

なんか間違ってない(笑)!?笑える突っ込みどころ満載の「変なデザイン」大集合♪

擬態!?カモフラージュ!?着ている服が周りと完全に一致している人々たち(笑)

もうお墓はいらない!?遺骨から新しいものを生み出す「埋葬方法」がすごい!

みんなのコメント

スポンサードリンク
最近の人気記事
月間人気記事
スポンサードリンク